燃える奥津軽メンバー一覧

現在地

斜陽館

写真:斜陽館 外観

斜陽館とは

写真:文豪太宰治
文豪太宰治の生家であり、この地域の地主であった太宰の父・津島源右衛門が金融業の店舗を兼ねた邸宅として完成させた。弘前の名棟梁・堀江佐吉に依頼したとされ、延床面積394坪、日本三大美林の一つ青森ヒバを使い総工費約4万円(現在価格7~8億円)で建設された豪邸。
※平成16年12月10日に国の重要文化財に指定される。             

文豪太宰治の生家

写真:斜陽館洋間
津島邸が新築された2年後の明治42年6月19日、太宰治は第10子6男として誕生した。太宰が青森中学へ進学するまでこの家で過ごし、後に作家・太宰治として多くの作品を残すこととなる。太宰は、この家を「苦悩の年鑑」の中で、「この父はひどく大きい家を建てたものだ。風情も何もないただ大きいのである」と書いている。           
サムネイル写真:斜陽館
太宰治記念館斜陽館
http://www.kanagi-gc.net/dazai/index.html
0173-52-2020
0173-53-2055
青森県五所川原市金木町朝日山412-1 太宰治記念館「斜陽館」

フッターナビ

ページ補助

inserted by FC2 system